WEBクリエイターの正しい自己分析

WEBで色々な情報を知る事が出来て便利になりました 転職活動をする際に、面接対策として自己分析をするというのは、当然ではありますが、一般的なビジネスパーソンとWEBクリエイターでは、ちょっと自己分析の仕方が異なります。一般的なビジネスパーソンの場合は、3年後、5年後、10年後と自分のイメージをしっかりと紙にして書き出すところから始まります。出来る限り詳細に記述をする事で、目標までどうやって道のりを描いていくのか、そして、途中でどんな壁にぶつかって、どうやって乗り越えていくのかというのを明確にしていきます。勿論WEBクリエイターの場合も、同じようにして書きだすところは一緒なのですが、それだけでは足りません。

WEBクリエイターの場合には、それにプラスしてクリエイティブなこだわりも書きだすように心がけましょう。また、自分がやりたいと思える作品を作れるようになった時に、自分は将来どんなものを手掛けているのかというのも考えておくと、非常に良いでしょう。ですので、自己分析を行う際には、10年後の後に、引退をした後のイメージも作り上げておく事をおすすめ致します。WEBクリエイターは、言い換えれば職人です。職人として、どんなクリエイターを目指すのか、自分が本当にやりたいことは何なのかというのを、しっかりと自己分析に反映させてあげましょう。
Copyright (C)2019WEBで色々な情報を知る事が出来て便利になりました.All rights reserved.