WEBデザイナーになるための第一歩

WEBで色々な情報を知る事が出来て便利になりました 将来はWEBデザイナーになりたいという事であれば、まず知っておかないといけない知識があります。それは、WEBの制作で使われる単語です。WEB制作に使われる単語には、大きく分けてフロントエンドとバックエンドに分かれます。フロントエンドはHTMLやCSS、JavaScriptやActionScriptが挙げられます。そして、バックエンドには、PHPやRuby、Java、JavaScriptなどが挙げられます。全ての知識を学ぶ必要はありません。WEBデザイナーであれば、まずはフロントエンドをしっかりと抑えておきましょう。

ですが、実際に制作をするうえで、それらの単語がどうやってサイトに関わってくるのかというのを、理解しておく必要があります。理解をしてデザインをするのと、理解をしていないのでは、質も変わってきます。また、WEBデザイナーとして経験を積んでくると、自然とスキルアップをして、WEBディレクターなど、人をまとめる仕事に就くようになる可能性もあります。その際に、WEBで必要な単語と意味、知識を持っていれば、即戦力になる事間違いありません。WEBデザイナーとして、しっかりと地に足を付けたいという事であれば、色んな知識を身に付けましょう。
Copyright (C)2019WEBで色々な情報を知る事が出来て便利になりました.All rights reserved.